>レポート>ダイヤモンドのような宝石は専門の買取店で査定してもらおう

ダイヤモンドのような宝石は専門の買取店で査定してもらおう

ファッションアイテム

鑑定書があれば目安に

ダイヤモンドは最も変質しにくい宝石のひとつであり、評価にも国際的な基準があるため、買取価格が店によって極端に異なるわけではありません。特に鑑定書がついているダイヤモンドなら、ある程度は査定額の目安をつけることができます。ダイヤモンドの評価に必要な4Cの基準は、カラットとクラリティーとカラーとカットです。これらの情報を入力すれば簡易査定ができるサイトもあるので、買取店へ持って行く前にチェックしてみるのもよいでしょう。ただし実際の買取価格は、必ずしも簡易査定のとおりにはならないので注意してください。細かい傷があったりカーボンが入っていたり、色がくすんでいるダイヤモンドは評価が下がる場合もあります。

アクセサリー

鑑定士の実力も大切

鑑定書がないダイヤモンドは、素人が簡単に査定するわけにはいきません。すべての買取店にプロの鑑定士がいるとは限らないため、店によっては査定が予想外に低くなったり、買い取れなかったりすることがあります。買取実績の豊富な専門店なら、鑑定書のないダイヤモンドでも適正な価格で査定ができるでしょう。また破損したジュエリーやメレダイヤと呼ばれる小さなダイヤモンドでも、専門店なら買い取れる場合があります。古くなったり傷ができたりしても、諦める必要はありません。初めて宝石を売るという方は不安を感じるかもしれませんが、とりあえず身近な買取店に相談してみるとよいでしょう。買取額に疑問があれば、別の店で査定を受けるという方法もあります。

広告募集中